専門外来

神経内科専門外来

神経内科専門外来とは、脳や脊髄、末梢神経および神経筋接合部や筋肉の疾患を診る科です。主な疾患としては、頭痛・てんかん・多発性硬化症・パーキンソン病・脊髄小脳変性症、多系統萎縮症等があります。

当院神経内科専門外来では片頭痛、脳梗塞、アルツハイマー型老年性認知症、パーキンソン病、神経痛、頚椎症、末梢神経炎や自律神経失調症などの脳神経系の病気を神経内科認定専門医が診察しています。認知症が疑われる場合は、水曜日以外の認知症外来をご受診ください。また更年期障害、うつ病の方のご相談にも応じています。

担当医:麦島 真理

外来担当 一般内科、神経内科、リハビリテーション科
卒業大学 東京女子医科大学
資格・所属等 内科認定医、神経内科専門医、医学博士、認知症サポート医
 

認知症専門外来

認知症外来とは、認知症の方または認知症の疑いのある方を対象とした科です。認知症とは、何らかの脳の障害によって、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいいます。問診や知能検査・画像検査等で認知症を診断します。 当院では、診察後に診断のための血液検査、動脈硬化検査、頭部CTスキャンを実施しています。血液特殊検査を除き、同日結果をご説明し可能な限り早く治療を開始するようにしています。また、本人のみならずご家族の相談にもきめ細やかに応じています。進行が著しい方の場合は、精神科医とも連携しながら治療を行います。また通院が難しい場合は、診断後、当院往診医がご自宅に定期的に訪問するなどしております。

担当医:麦島 真理

外来担当 一般内科、神経内科、リハビリテーション科
卒業大学 東京女子医科大学
資格・所属等 内科認定医、神経内科専門医、医学博士、認知症サポート医
 

糖尿病専門外来

糖尿病専門外来とは、糖尿病およびその随伴疾患を診る科です。合併症の進行に伴い、必要に応じて眼科やその他内科と連携を取りながら診察を進めます。 当院では来院時、血糖や血糖コントロールの把握に必要なグリコヘモグロビン(HbA1c)を測定し、同日の診察時に結果を説明します。さらに、生活指導、栄養指導、服薬指導、及びインスリン治療の指導をいたしております。
診察にあたるのは、東京女子医大糖尿病センター准教授、及び同センター出身の糖尿病指導医、専門医がきめ細かく指導に当たります。また関連科として当院では、肥満、糖質代謝異常症外来を開設しております。

予約制ですので、お気軽に受付までお申しつけください。

担当医:實重 真紀

外来担当 糖尿病内科、高脂血症外来、糖尿病専門外来
卒業大学 東京女子医科大学
資格・所属等 内科認定医、糖尿病専門医、糖尿病指導医、元東京女子医大糖尿病センター所属
 

担当医:大里 愛子

外来担当 糖尿病内科、高脂血症外来
卒業大学 東京女子医科大学
資格・所属等 内科認定医、糖尿病専門医、医学博士、元東京女子医大糖尿病センター所属
 

循環器専門外来

循環器専門外来とは、心臓や全身の血管といった循環器全般にまつわる疾患を対象に診る科です。主な疾患としては、高血圧症・各種不整脈・狭心症・心筋梗塞・弁膜症・先天性心疾患等があります。

心エコー、頚動脈エコー、下肢動静脈エコーや24時間ホルター心電図、血圧測定を実施し病状に合わせた的確な治療を心がけております。高血圧症、狭心症、心筋梗塞の方や心電図に異常があった方などを対象としております。健康診断で異常が診られた方は、可能であれば検査結果をご持参になりご来院ください。

担当医:吉崎 真澄

外来担当 循環器内科、循環器専門外来
卒業大学 東京女子医科大学
資格・所属等 元東京女子医大日本心臓血圧研究所 循環器内科所属
 

担当医:郡司 一恵

外来担当 循環器内科
卒業大学 東京女子医科大学
資格・所属等 循環器専門医、内科認定医
超音波専門医、医学博士
 

呼吸器専門外来

呼吸器専門外来とは、呼吸が苦しい、息がゼーゼーする、咳や痰が多い、痰に血が混じる、深呼吸すると胸や背中が痛いといった呼吸器に関連する疾患を診る科です。 主な疾患としては、風邪・慢性気管支炎・気管支喘息・肺炎・肺がん(肺悪性腫瘍)・肺気腫・睡眠時無呼吸症候群等があります。 呼吸器科専門医による迅速かつ丁寧な診療・治療を行っています。あまり知られていませんが、呼吸器内科の病気は急速に進行してしまうことがしばしばあります。したがって、咳・痰等が長く続く場合や、血痰が出る、歩行時呼吸困難がある、突然苦しくなってヒューヒュー音がする等の症状がみられる方は早めにご相談することを強くお勧めします。

担当医:髙橋 聡

外来担当 呼吸器外来
卒業大学 日本医科大学卒業
資格・所属等 日本医科大学付属病院 呼吸器内科所属
 

禁煙外来

禁煙専門外来とは、その名の通り喫煙者している方の禁煙を専門的にバックアップする科です。健康保険等で禁煙治療を受けるには要件を満たす必要があります。 健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けることになりますが、はじめに喫煙状況などをもとに健康保険等で治療が受けられるかの確認をする必要があります。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、呼気中に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けたりします。健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが約3カ月で19,000円程度です。
当院では、月〜土曜日まで毎日対応しております。お気軽にご相談ください。

 

放射線科専門外来

放射線専門外来とは、レントゲンやCT撮影などを行ったのち、それらの画像を読影する科です。主に画像診断の役割を果たします。 食道、胃、十二指腸及び大腸の造影検査、腹部、乳腺、甲状腺などの超音波検査やレントゲン検査、およびヘリカルCT検査等を行っています。

担当医:麦島 清純

外来担当 一般内科、放射線科、胃腸科
卒業大学 東京医科大学大学院
資格・所属等 放射線科専門医、医学博士、東京医科大学客員講師、ケアマネージャー
 
お電話でのお問い合わせ 03-3550-2256