リハビリテーション

理念

リハビリテーション科について

当院リハビリテーション科には理学療法士・柔道整復師など複数の種職が在籍しており

「昨日のリハビリ室よりも良いリハビリ室」を目指し、皆で取り組んでいます。

 

 当科では

下記4種の治療を症状に合わせて選択し改善を目指していきます

 

ⅰ.物理療法

電気刺激や温熱機器により筋肉や関節をやわらかくし、疼みや緊張をやわらげながら治療効果を向上させます。物理療法は大型機器も設置し、個別メニューにて実施しています。

ⅱ.運動療法

重りや滑車・ご自身でおぼえられるトレーニングの相談・指導など、筋力増強や可動域拡大・バランス能力の向上などを目的とした運動療法。これは症状の改善を見計らい、自ら効果を継続させる方法を身につける大切な治療です。

ⅲ.徒手療法

国家試験有資格者が実施する、専門的な徒手療法が多種職在籍により可能となりました。「職種の強みを活かしたその場で終わりにしない徒手療法」の提供を目指しています。

ⅳ.疾患別リハビリテーション

数多くの臨床現場で経験を積んだ理学療法士が提供する完全予約制の治療。生活の質・身体機能向上を目的に、更に集中した疾患別リハビリテーションを提供しています。

このような方が来院されています

肩が痛くて腕が上がりません。

肩こりがひどくて頭痛がします。

膝も腰も痛くてうまく歩けないんです。

腰がなんか痛くて仕事に集中できません。

すごいい先生が入ったって聞いて来ました。

友達が通ってて「ここ良いよ」ってすすめられました。

なかなか良くならなくて・・・近くにあったので来てみました。

ここのお医者さんは柔らかくて優しくて丁寧なので、相談しやすいんです。

近所のひとが前は車いすだったのに歩いてるし、ずいぶん明るくなったのをみて来てみました。

当院でできること

 
 

当院では、患者さまのあらゆるニーズにお応えすべく幅広い、かつきめ細やかな専門外来と在宅医療や健康診断を実施しております。特に、高齢者の医療には力を入れており、各種生活習慣病から認知症、骨粗鬆症、リハビリの対象となる各種神経疾患や軽度整形外科的疾患まで幅広く対応しています。

高齢者の方は、疾患が一つということはまれで、多くの方がいくつかの疾患を抱えています。そのため科をまたいで診療されることが多く、その点当院では各科がしっかりと連携し合っているため、患者さまの紹介もスムーズであるといえるでしょう。また、それぞれの診療科を受診するためにわざわざ複数の病院に通う必要もありません。諸事情により通えなくなってしまった患者さまには在宅医療も行っております。切れ目のない医療の24時間提供が可能となっています。

スタッフが思う当院リハビリテーション科のよさ

 

リハビリテーション科 科長 理学療法士:水野 健太郎

 

みずの

 これまで幾度となく、リハビリ室のレイアウトやリハビリメニューが変わってびっくりした!!など皆様を度々おどろかせてしまいました。しかし、これが当科の強み・いい所であると感じております。最近、裏で日々繰り返されるスタッフ間での会話をこっそり紹介します。

 「これはここに置けばつまずかないですかね?配置換えしましょうか。」「ここまでは来たんですけど、この方どうしたらもっと効果が出るか教えて下さい」「〇〇さん足上げ150回やったって言ってましたよ。あれ!!50回って言ったんだけど・・・最近やる気満々ですね!」このようなスタッフが行う裏の会話で今のリハビリ室はできています。もちろん私も怒られますが、大変うれしく思います。

 力を入れている運動療法は周りの方々も真似をしたり、ご相談を多くいただくようになりました。頑張っている患者さんたちがいい影響を周囲に与えて下さっているようです。お身体にお悩みのある方・これらを共に味わい歩んでいけるスタッフもお待ちしております。

 

 

リハビリテーション科 科長補佐 柔道整復師:松本 仁二郎

まつもと

 当院リハビリテーション科は、患者様が目的を明確にしてリハビリに励んでいただけるよう心がけています。また、その日来院された患者様の事をスタッフで話し合い、人一倍の技術練習や勉強はもちろん、患者様一人一人を大切にしています。

 リハビリの前後で状態確認や変化の有無をお尋ねし、効果を感じることができるよう努めています。この職場は患者さん第一に行動を起こせるスタッフが多く、資格に関係なく多くを学ぶ機会をもらっています。私たちと一緒に、より自分自身に意味のあるリハビリを行っていきましょう!

 

 

お電話でのお問い合わせ 03-3550-2256