麦島内科クリニック

2017.10.30更新

当院では、12月29日(金)~1月4日(木)まで休診とさせていただきます。

年始は1月5日(金)から通常通り診療いたします。

お薬などが不足しないようにお気をつけください。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.10.30更新

リハビリテーション科の前田浩平さんが11月に開催される世界大会にフェザー級日本代表として2年連続で出場します。今年の開催地バーレーンという日本ではあまり馴染みのない国ですが、今年こそは優勝目指して頑張りたいと思います。当院のスタッフ及び患者様方からも応援の声をいただいており、本当に暖かい環境で働かせてもらっているなと実感いたします。格闘技とリハビリは一見対極のものかと思いますが、表裏一体という言葉もあるように壊れる怖さを知っているからこそ痛みを持っている方々にしっかり寄り添うこともできると、個人的には考えております。格闘技とリハビリの両立は大変なことも多々ありますが、職場の皆様や患者様に支えられなんとかここまで続けてこれています。今後も二足のわらじを履きこなせるようにしっかりと頑張りますのでよろしくお願い申し上げます!

53

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.10.20更新

10月より、日常生活の心電図波形を24時間にわたり連続で記録するホルター心電図計が新しくなりました(フクダ電子FM-960)、

検査室の心電図では見つからない不整脈や労作時の狭心症等の診断に役立ちます。動機や胸痛が気になる方は診察時にご相談ください

 

24時間ホルター心電図

 

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.10.20更新

29年10月より、以前よりクリニックで検査を実施していた全自動血球計算器がリニューアルしました(日本光電、MEK7300セルタックEs)

血球計数器により以下の測定を実施し、病気の迅速診断に役立っております。

1、白血球測定;細菌感染症、白血病等の迅速診断が可能です
2、赤血球測定;各種貧血、多血症、血液の濃さ(脱水等)の診断
3、アレルギー体質があるかある程度予想できます
4、血小板数測定;出血傾向等の診断

以上、少量の採血、5分程度の短時間で結果出て医師の説明を受けられます。当院では貧血や感染症患者様の病状把握に実施しています。

血算器

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.10.16更新

 もん

皆さんこんにちは。リハビリテーション科・理学療法士の水野健太郎です。ありがたいことにご予約を多く頂き、ご迷惑をおかけして頂きました長期休み中の愛媛国体に関するご報告です。和歌山国体・岩手国体に引き続き、第72回国民体育大会(笑顔つなぐえひめ国体)バドミントン競技会で茨城県選手団にトレーナー帯同させて頂きました。少年男子ベスト16・少年女子はなんと初優勝という歴史的快挙を飾りました。試合前・中・後にコンディションを整え、パフォーマンスを発揮できるような手技・ウォーミングアップ等でお力になれて何よりです。こちらが感極まってしまいました。いつの間にか大声でしていた応援でいまだに声が枯れています。来年は福井国体。再来年は茨城国体です。茨城県バドミントン協会オフィシャルトレーナー(国体選手強化トレーナー)として、私は携わる方々に全力でケア・治療・訓練・応援をすることで盛り上げていきたいと思っています。休みの間、快くフォローをしてくださるリハビリテーション科スタッフにも毎度のことながら感謝をしています。

い

ねー

 

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.10.02更新

10月3日火曜日より、呼吸器専門外来の小林研二医師が転勤になり
以前担当しておりました高橋聡医師に変更となります。
専門外来は予約制となっております。
長引く咳、息切れの方は必要に応じて同日
肺機能検査、レントゲン、CTを実施し診断いたします。
ご不明なことがありましたらお電話でお問い合わせください。

seki

 

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.09.29更新

10月2日(月)よりインフルエンザの予防接種を開始いたします。

・予約は不要となっております。

・3歳から12歳までのお子様は2回接種をおススメしています。
 2回接種の場合は1回目の接種日より1ヵ月経過後2回目の接種となります。

・当院では3歳未満のお子様に関してはワクチン接種をお断りさせていただいております。
 予めご了承ください。

接種期間:平成29年10月2日(月)〜平成30年1月31日(水)

※上記期間中に関わらず、ワクチンの在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。
※詳細及び費用についてはお問い合わせください。

 

注射

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.09.20更新

リハビリテーション科・理学療法士の水野健太郎です。第1種大会である日本スポーツマスターズ2017兵庫大会バドミントン競技会にオフィシャルトレーナーとして常駐し、最終日までの4日間ケアや治療を行ってきました。姫路での開催で豪雨にも見舞われましたがなんとかやりきりました。韓国代表チームも出場しており、良き交流の場でもありました。様々な競技でニュースに取り上げられるなどもあったようです。私自身、勉強になることがたくさんありました。

 

masuな

 

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.09.19更新

前立腺肥大症とは、膀胱の下にある前立腺が肥大して尿道を圧迫し、排尿障害を起こす病気の事です。

主な症状は、『トイレに行く回数が多い(1日8回以上)』『排尿後に残尿感がある』『急に、尿意をもよおし、がまんが出来ない』『尿が出にくい』『夜間に何度もトイレに行く』などです。

前立腺肥大症の原因はまだはっきりと解明されていませんが、加齢とともに性ホルモンのバランスが崩れることが主な原因ではないかと考えられています。

そのため、50歳以降から患者数は増え、5人に1人、日本人男性の2割の方が前立腺肥大症の症状があることがわかっています。

時には前立腺癌などの疾患がある場合もあり、要注意です。

その場合、血液検査でPSAを測定し高値の場合は専門の先生を紹介致します。

以上、排尿障害で日常生活に支障がある場合は、医師の診察をおすすめします。

受診の際にはこちらの問診をご記入の上、来院していただくとよりスムーズにご案内が可能です。

・前立腺肥大症問診(IPSS)

 

投稿者: 麦島内科クリニック

2017.08.21更新

kan

じょい理学療法士の水野健太郎です。 皆様、お身体の調子はいかがでしょうか。今年は梅雨→猛暑(前半)→戻り梅雨→猛暑(後半)と2回も繰り返していますし、異常気象や気圧の変動も著しいようです。ぜひ日ごろのケアを大切にしてください。さて、先日行ったインターハイに続き長く頂いたお盆休みで外部活動をしてきましたので、近況を掲載させていただきます。私は普段の休みや休暇を頂きながら茨城県バドミントン協会国体選手強化トレーナーや、社会人チームの選手・コーチなどをしています。第72回国民体育大会関東ブロック大会バドミントン競技で茨城県選手団に帯同をしてきました。チーム茨城はバドミントン競技4種目中3つが関東を通過することが出来ました。9月は日本スポーツマスターズ兵庫大会、10月は国民体育大会(愛媛国体)にそれぞれ帯同する予定です。私以外のリハビリテーション科職員もトレーナーやインストラクター・大物選手で活躍するスタッフが複数在籍しており、スポーツ以外の分野でもそれぞれの経験を応用した自分なりの武器で切磋琢磨を繰り返しています。昨日のリハビリ室よりも良いリハビリ室をそれぞれが目指し、皆様をお待ちしております。

投稿者: 麦島内科クリニック

前へ 前へ
お電話でのお問い合わせ 03-3550-2256