麦島内科クリニック

2017.06.23更新

『もの忘れ相談医』とは東京都や、練馬区医師会の実施している「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を修了した医師や、認知症を専門的に診療している医師の事です。

当院での『物忘れ外来』は神経内科 麦島真理医師での診察になります。

尚、水曜日は神経内科が休診日となっておりますのでお間違えのないようにお願いいたします。
もの忘れが多くなると、『老化現象』『歳のせい』と考えてしまいがちですが、認知症は脳の障害によって起こる病気です。

さまざまな原因で脳の細胞が死んでしまったり、脳の働きが悪くなったために障害が起こり生活する上で、支障が出てきたりします。

早期発見、適切な治療・対応を受ければ進行を遅らせたり、症状が改善できることもあります。

受診される際には、・気になっていること ・どのような変化があったのか ・普段の生活のようす  などを医師に伝えるようにしましょう。

また、ご自身の変化には気づかないこともありますのでご家族と一緒に受診するのもおススメです。

 

monowasure

 

 

投稿者: 麦島内科クリニック

お電話でのお問い合わせ 03-3550-2256