麦島内科クリニック

2015.12.17更新

骨粗しょう症診断装置(DXA法)を導入致しました
約15秒で骨塩量を測定いたします
最新の骨粗鬆症診断装置、日立アロカ製DCS-600EXVを導入致しました。
前腕骨にて、高精細画像と優れた精度で骨塩量を測ることができます。
結果も、当日お伝えできるようになりました
骨粗しょう症は、骨からカルシウムが抜け、骨が全体にスカスカになってしまうことで、特に大きな負荷をかけていないにも関わらず骨折しやすくなる、怖い病気です。特に閉経後の女性は検査をおすすめいたします。

投稿者: 麦島内科クリニック

お電話でのお問い合わせ 03-3550-2256